【TOEIC必勝のコツ】パート7「長文読解」総論

BLOGS

 

TOEICのパート7は、まさしくTOEIC学習者にとっての鬼門と言えるでしょう。

多量の英文を読んで限られた時間の中で処理していかなければならないこのパートは、あなたの英語力そのものが問われることになります。

まずは土台となる英語力を身に付けることが大事ですが、戦略をたてたりちょっとした小細工をしてスコアをアップすることも可能ですので、今日はパート7への取り組み方をご紹介します。

おはようございます!かちゅーです!

今日も燃えてます

あなたが輝く、熱い熱い1日をお届けできるよう、今日も気張って気張ってーー

ファイト一発!!(スベッた?)

 

出題数と時間配分


まずはパート7の基本的な情報から整理していきましょう。

出題数

  •  全54問
    • シングルパッセージ29問(1セットにつき2〜4問✖️10セット)
    • ダブルパッセージ10問(1セットにつき5問✖️2セット)
    • トリプルパッセージ15問(1セットにつき5問✖️3セット)

時間配分

  • 目標:54分(1問につき1分)

理想的にはパート5とパート6を15分ほどで終わらせて、75分間のリーディングセクションのうち60分ほどをこのパート7に当てたいところです。

→パート5&6に関する記事はこちら(パート5パート6

TOEICのリーディングセクションはとにかく時間との勝負ですので、パート5と6の問題をできるだけ早く終わらせて、パート7により多くの時間を使えるようにしましょう。

とはいえ、これは理想論です(笑)

多くの方にとっては、中々そうもいかないでしょう。

TOEIC900点を超える上級者でも、そこまで時間を確保できない人も多いです。

 

目安は1問につき1分で解く

あなたが1問を約1分で解いたとしてもパート7は54問ありますので54分かかります。

また、ほとんどの人が最後まで終えることのできないTOEICです。

1問につき1分ペースであなたが解いていけるのであれば、あなたは中々の上級者と言えます。

人によってはかなりハードルが高く感じかもしれません。

ですので、まずは目安としてパート7は1問につき1分で解くんだ!ということを抑えてくれればと思います!

練習を繰り返していくことで必ずできるようになりますので、前を向いて行きましょう!

ちなみに私も、TOEICの学習を始めた当初は40問以上残していました・・

ほぼ塗り絵じゃねーか!!

とか思いながら逆に笑ってしまいましたね。

それでも今ではTOEICを受けても10分くらい余るようになりました。

ゆったりと見直しの時間をしていられ感じです。

それでも満点まではいっていないのですが、基本的に自分の実力通りに点が取れるようになっています。

もともと英語力ゼロの私にもできたのですから、あなたにも必ずできます

あなたの全力に乾杯!!

応援していますよ〜〜!!!

 

問題の種類


TOEICで出題される文章の形式にはパターンがあります。

それらを知っておくのも多少の時間短縮にはなるでしょう。

 

文書のタイプ

出題される文章はだいたい以下のようなものが全てです。

・Eメール
・手紙
・ニュース記事
・広告
・チャット
・ウェブページ
・契約書
・社内通知(英語ではmemoと言います)
・申込書
・スケジュール表
・予算・明細書類
・取扱説明書
・クーポンやチケットなど

これらの特徴を押さえて置くことも、あなたのスコアを伸ばすためには結構重要です。

例えばEメールの宛名などは「読む」までしなくても「見る」程度で十分ですし、文章の最後にある”best,” “thank you in advance”などは見る必要すらありません。

というように、読むところと読まないところを判断することが可能です。

一方でスケジュール表などについては、基本的に出題された問題に該当するところに焦点を当てて目を通した方が圧倒的に効率が高まります。

このように文書によって読み方や解き方を変えた方が高得点につながる場合もあるので、それぞれのパターンは抑えておくようにしましょう!

 

出題形式のタイプ

また、出題される問題にもパターンがあります。

一応私なりに列挙してみますね。

・文書概要キャッチ問題
・文意照合問題
・同義語探し
・文挿入問題
・NOT問題
・ピンポイントで答える問題
・文書またぎ問題(ダブルパッセージorトリプルパッセージのとき)

これで大体は網羅できていると思います。

それぞれの形式によって難易度や解答方法は変わります。

一つ一つに対する解答方法は後々のブログで追って書いていきますので、今日は列挙するだけに留めておきますね。

楽しみにしていてください!!

 

【スコア30点アップ!?】リーディングの時短テクニック


さて、ここではちょっとした裏技の紹介です。

地味なところもありますが、こいつら意外と効くんですね〜笑

もしあなたが以下のものをまだやっていないのであれば、今すぐにTOEICを受けても30点はアップすると思いますよ!

 

一瞬でスコアが上がってしまう秘密の裏ワザ

  1. 問題を先に読む
    先に文章を読んで理解していくのは満点を狙う上級者でない限りは不可能です。
    ニュース記事などの長い文章や、複数文書で答える問題を解く際には尚更です。
    必ず問題を先に読んで、答えを見つけていく方法をとりましょう。
  2. 文章を指でなぞる
    これは多分誰も気付いていないです。
    読んでいる文章を指差しながら読んでいってください。これだけで英文が入りやすくなります。
    また、問題を解いているうちにどこを読んでいたのか見失うこともなくなります。
    ものすごく地味なことですが、これを行うだけで解ける問題が数問多くなるはずです。
  3. 必要なところだけ読む
    先ほどEメールの例で紹介したように、いらないところは読まないのがいいでしょう。
    ただ注意点があります!!
    「基本的には全部読んでください!!!」
    読まなくていいのは、最後の方にあるthank you in advanceやbest regardsなどの言葉や、文頭にある「I am pleased to write this email・・」などのお決まり文句系のみです。
  4. 分からなかったら飛ばす
    これはめちゃくちゃ重要です。
    TOEICの性質上、正確さよりも取り組んだ問題数があなたのスコアに直結します。
    「解けそうで解けない」
    という問題に当たったら頑張って答えを模索してしまうのですが、あなたが高得点をとりたいのであればあまり得策ではありません。
    潔く諦めて次の問題に移りましょう。

上記をやっていただければ、すぐに結果に現れます。

是非効果を実感してみてください。

ただ!です!!

あなたの英語力を根本的に上げようとすれば、やはり多読で英文に慣れていくのが最も効果的にはなると思います。

英語脳の作り方や、素早い情報処理能力を養う方法もありますが、その辺りはまた別のブログでお伝えします。

いずれにせよ、英語学習の基盤となる「語彙力・文法知識・正しい発音」のレベルに応じてあなたの限界英語力は決まります。

千里の道っも一歩から♪

ということで、まずは小さな小さな一歩から、ひとつの単語の発音を覚えるところからで構いません。

踏み出すあなたを私は全力で応援しております。

それではまた明日!!行ってらっしゃい!!

 

最後に


いかがでしたでしょうか。

学ぶって最高に楽しいですよね!

学ぶでことで、あなたの人生は大きく輝き出します

頑張らなくても、大丈夫です。

まずは自分が踏み出せる小さな一歩から

あなたがびっくりするような、衝撃の結末が、待っていますよ!

質問や感想などをコメントでシェアしていただけますと幸いです。

日本人として世界にはばたく人材が増え、グローバル競争の激化が進む現代社会においても日本が高いプレゼンスを発揮できるよう私も全力を尽くします。いずれは世界が一つになり、平和で豊かな社会になるような一助となれば幸いです。

 

 

コメント

  1. […] (あわせて読みたい!!→【TOEIC必勝のコツ】パート7「長文読解」総論) […]

タイトルとURLをコピーしました